ラビットファーの毛皮のコートはお手入れ要らず!?

わが家には似つかわしくないような洋服ですが、ラビットファーの毛皮のコートが1着あります。高い毛皮のコートというだけあって、さすがの手触りで、ラビットファーの毛皮のコートをふと思い出して触るたびに感動してしまいますね。高級な毛皮のコートは肌触りからして違います。

 

しかし私が毛皮のコートを着るような需要がとくにないため、ラビットファーの毛皮のコートを譲り受けてからポーンと10年は経ちますけれど、1度も毛皮のコートを着て外出はしていません。なお、毛皮のコートのお手入れもしたことはないですね。ずっと白い不織布のようなカバーをかけたまま置いています。

 

しかし10年越えでノーお手入れな毛皮のコートですけれど、虫喰いの形跡もなければ、においも変になっていません。それにクローゼットに入れたままだからなのか、色落ちもまったくないですね。譲り受けた当時と同じく黒いラビットファーの毛皮のコートは美しい姿のまま今日もわが家のクローゼットにかけられています。

 

毛皮のコートのお手入れ方法としては、ぬるま湯につけて汚れを浮かせて、そして布巾などで軽くおさえるーということは聞きますよね。しかしわが家の毛皮のコートはその方法が必要だとは思えないほどに、10年経ってもキレイなままです。ずっとクローゼット内につるしっぱなしならば、虫喰いもありそうですがないですね。

 

なお、わが家の毛皮のコートの話を友達にしたところ、「もったない!」ということでした。今、毛皮のコートはまだ人気が再燃していて高く買い取ってもらえるので、「売ったらどう?」とも言われましたが、手放すのはそれはそれでおしいような気がしてそのままにしています。