2017/05/22 12:28:22 | the-goodest-story-ever

昔から毛皮が大好きでたくさん持っています。かさばるのと、エコファー人気なので最近新しく買うことは少なくなり、着る機会も減りましたが、気に入っていてなかなか手放せずにいます。
持っているものはお手頃なラビットファーが多いです。茶色は定番で飽きがこなくて、ずっと使えるし合わせやすいです。
普段使いではシンプルにデニムなどパンツ合わせが好きです。スカート合わせもかわいいですが、派手になりすぎたり浮かないような色味や柄の物を合わせています。
もちろん結婚式などではゴージャスにドレスと合わせて楽しめます。
色付きのファーコートもありますが、合わせが難しく出番は少なめです。ピンク系の混じりけあるファーを持っていて、デニム合わせがほとんどです。でも色味がすごくかわいくてお気に入りです。
エコファーも良いですが、リアルファーだとやっぱり暖かさが全然違って、真冬もすごく暖かいです。風を全然通さなくなり、寒がりの私にはありがたいです。
手入れがしにくいのは問題なんですが、私はあまり丁寧にはしていないです…
こまめにクリーニングに出すのが良いのかもしれませんが、かなり高くつくと思うのでファブリーズで対応しています。着た日は必ず帰ってファブリーズして、衣替えのとき、タンスにしまう前に全体にしっかりかけて乾かしてからしまいます。
5、6年使っているものもありますが、状態は良く、もとからの毛皮の匂い以外は匂いもなく長持ちしています。

2017/05/21 18:31:21 | the-goodest-story-ever

母と一緒にパリに旅行に行った時に、時期が冬だったのでとても寒かったのです。そこで、シャンゼリゼ大通りにある毛皮専門店でコートを買うことになりました。ブルーフォックスのコートで、とてもステキなコートです。なぜ、寒い地方の人たちが毛皮のコートを着ているのかよくわかるような温かさで、コートの下には薄着でもいいくらいです。日本に帰ってくるときにも着て帰りましたが、とても温かくて、北海道あたりに住んでいたらきっと活用しただろうなと思います。
母は特にそのコートを気に入っていて、特別なときには着ていくようになりました。親子で着ることができるので、とても便利です。私はデニムのパンツをブーツインにして履き、その上から毛皮のコートを羽織って着るような着こなし方をしますが、母はワンピースの上から着ることが多いようです。
毛皮は最近になるとなかなか着る機会がなく、住んでいるところが福岡なので、毛皮が必要なくらい寒い日は数えるほどしかないので、その一番寒い日に着るようにしています。本当に温かいので寒がりの母にはぴったりのようですし、私も気に入っていて年に1回は着るようにしています。そうすることで、毛皮に空気を通すことができますし、保管するにもハンガーにかけてクローゼットにかけているだけなので、本当にそれでいいのかどうか、ちょっと不安に思っているのも正直な気持ちです。
せっかくパリで買ったので、大事にしていたいと思います。